虫歯の治療をご希望される方へ

基本的に歯を削らずに、虫歯を進行させないことをモットーに治療を行います。虫歯になった歯でも再石灰化する事で虫歯の進行は止まります。乳歯に関しても同様です。乳歯の虫歯を削り神経を取ることで、永久歯の萌出が早くなります。これは歯並びの乱れの原因となります。ご自宅で行う食習慣の改善を始めとしたホームケアと歯医者で行う予防でカリエスフリーを目指しましょう。

私はキチンと歯を磨いているにも拘わらず、虫歯がどんどんできてしまうのはなぜ!
うちの子は歯の質が弱いから虫歯になり易いのかしら?
ちゃんと歯医者さんで治療しているのに、検診に行く度に新しい虫歯が発見されどんどん歯が削られてしまうが、どうしたら良いの?


日々診療していて多くの患者様からこの様なお悩みを良くお聞きします。あなたのお悩みはよく解ります。実際私も歯科医師になり虫歯の治療や根の治療を技術的にしっかり行う為にはどうしたらよいのか?という技術的な面ばかり追求して日々の診療にあたってきました。しかし、実は技術的な面だけでは歯は守れないのです。例えばこの2枚の写真をみてください。この患者様は6歳のお子様で初診時にこの様な状態で来院されました。


印の片方の奥歯は上の歯も下の歯もボロボロになって根っこだけが残り歯の原型を留めていません。それに対して反対側の奥歯は虫歯の穴こそ開いていますが、歯の原型は留めています。いったい何が起こったのでしょうか?実は根だけが残っているサイドは治療した歯医者さんも患者様も痛い思い、大変な思いをして一生懸命頑張って麻酔をして根っこの処置をしてめでたく金属の冠をかぶせて治療が終了しました。しかし、このお子様の虫歯になり易いお口の中の環境は一切改善されることがありませんでした。その為治療直後から冠の隙間からジワジワと虫歯が再度進みかなり進んでからポロっと上の冠がとれてしまった時には、次は抜くかそのまま永久歯に交換するまで放置しておくしかないという、手の施しようがないと言った状態になっていました。

 

今見ていただいたように歯は1度虫歯になり治したとしても、もはや元の健康な状態ではありません。たとえ削っている部分が一部分だとしても、1本の歯を人間の体だとすると体の一部をプラスチックや金属で出来た人工臓器で補っているようなものです。

 

私たちはあなたにはこういった治療の悪循環を経験して欲しくないと考えています。

あなたには一生涯ご自分の歯で、食事を楽しみより健康でいて欲しいと願っています!

 

そして最初の6歳のお子様の症例が教えてくれていることは、実は歯医者で治療することは一番大切な事ではないということなのです歯医者のくせになに言っているんだ!ちゃんと仕事しろ!とお叱りを受けそうですが、事実1年くらい前にこの患者様も歯医者さんも額に汗して頑張って治療した歯はこんな状態になってしまいました。しかし治療をしないで放っておいた反対側の歯は虫歯の穴はあるけれどもちゃんと形を留めているではありませんか!口の中の環境は一緒なので左右の同じような位置は同じく位の時期に虫歯になっている事が予想されます。しかし治療的介入をすることにより実は歯の寿命を短くしていることも少なくありません。

 

実際私たちも何度もこういった状況を経験してきました。そこで私たちはあなたやお子様の歯をなるべく削りたくないのです。出来ることなら、痛みがなければ少しくらい穴が開いていても虫歯には手を付けずに放っておきたい位なのです。治療が困難な低年齢のお子様は特にです。 治療はあくまでも補助的な手段です。 

  

本当に大切なのは削って詰めることではなく虫歯になりにくいお口の中の環境を作っていく事であると私たちは考えています!それが出来なければ削って詰めて穴をふさいでもまたその周辺から虫歯になっていきます。そしてその先には先程の虫歯治療悪循環スパイラルがまっているのです。私たちはなるべく多くの患者様にこの事をご理解していただきたいと願っています。 

 

 

治療の悪循環とは

さてここで歯を最初に削ってしまうとその後どういう経過を取って行くのか順を追ってみてみましょう。

まずごくごく初期の虫歯があって小さな詰め物をしました。 しばらくして今度はそこの周辺がまた虫歯になって悪くなって今度はもう少し大きな金属の詰め物をしました。 その後またしばらくすると大きな金属からの詰め物は熱の伝わりも良くまた周りから虫歯が進み今回は痛みも強く、神経を抜く治療をしました。 そして、またその後しばらくして根の先の炎症を起こして来てしまい今度は歯肉や顔が腫れてきたので根の中をもう一度開けて根の再治療を行いました。

そして、またしばらくして神経を抜いた歯は脆くなるので根元から冠が土台ごと外れてしまいました。 こうなってしまうと、根も腐りきってしまっていてもう手の施しようがありません。

 

残念ですが根は残せないので抜きました。

 

このままじゃ咬みにくいので次は抜歯した両隣の歯を削って橋渡しをしてブリッジを入れました。 またしばらく経つと、今度はまた両隣の歯が痛みだしてきました。さあここからは先程の繰り返しです。傷んだ歯の神経を取りました。また駄目になって抜きました。そして今度は両隣りに歯がなくなったので、ブリッジは架けられないので今度は部分入れ歯を入れました。 しかし、今度は部分入れ歯の支えになっていた歯が駄目になりました。そして歯が1本もなくなって・・・。

 

 

最後は総入れ歯チャンチャン。物語はジ・エンドです。


いかがでしょうか?

あなたはご自分の歯を削られたいですか?

私たちは患者様の歯を削りたくありません!

 

ではどうしたら歯を削らずに虫歯の予防をしたり進行を止めたりする事が出来るのでしょうか?

 

「虫歯は削らずに食事で治そう」をご覧ください。

http://www40.jimdo.com/app/s6fb208b288633073/p044c3d020b32b89a/