小児歯列矯正

矯正歯科

矯正治療に対するコンセプト

 今日の初回では「感じの良い容姿笑顔」が個人や職業上の成功を左右することがあります。
そして口元はお顔のなかでも関心の集まるところで、あなたの笑顔があなた周囲の人々に与える印象に大きな役割を果たしています。
自分自身の笑顔に自信があれば人と接することに積極的になれます。魅力的な笑顔は周囲の人の心を明るくし楽しいう雰囲気にしてくれます。
患者様が高い自尊心と自信に満ちあふれた笑顔で、将来の夢を自己実現をして頂く事が私たちにとって一番の願いですし、そのお手伝いが出来ることは私達にとっても幸せなことです。

 当クリニックでは小児矯正に関してはイギリスのDr. John Mew が考案した生体の成長発育を重視した不正咬合及び顔貌の改善をはかる治療システムを基に治療計画を立案しています。

 この治療システムはお子様の成長期に治療を開始することにより、歯を抜かずに顎の成長のバランスを整え治療する事が目標になります。
つまりこの治療では顎の大きさ、あごの上下の位置関係(前後的、正中のズレ、垂直方向への成長)を正しい方向に導きます。
その事により、より魅力的な笑顔を引き出すことが可能です。

 当クリニックでは乳歯列のうちから虫歯の予防とともに歯並びの管理を始めることにより、複雑な装置を用いての治療の必要性を少なくし、また難しいケースを易しいケースに出来、低料金で済むような予防矯正を心がけています。

 永久歯の歯並びが完成してから対症療法的に治療するのではなく永久歯の歯並びが乱れてしまう前に不正咬合の原因を患者様と一緒に考え、それを改善するお手伝いをさせていただく事の大切さをご理解いただけたら幸いです。

当クリニックの矯正治療の流れ

 

フレンズ歯科クリニックの矯正治療のご紹介
初診
矯正治療の概略についてご説明
資料採りと症例分析
分析結果に基づき治療計画についてご相談

 

 

小児矯正

 
+
機能的な改善
+
形態的な改善  
小児矯正の
治療目標
 
 
 
歯牙の大きさのバランスを取る
   
簡単な床装置  
成長方向の改善
リーウェイスペース
の利用
 
 
バランスを取り本来の発育へ  
 
成長抑制
       
従来のワイヤー矯正  
成長促進
           
       
目標
正しい口元の姿勢
         
魅力的な顔立ち
         
抜かない矯正

 

 

永久歯列からの矯正 (永久歯列期)

審美的な改善を
部分的に出来ます
 
+
形態的な改善
+
機能的な改善 
永久歯列矯正の
治療目標
   
 
 
なるべく抜かない矯正
 
見えない矯正装置マウスピース
 
リテイナー
より完成した咬み合わせを目指して
   
従来のワイヤー矯正
 
筋肉のバランス
気になる部分の
審美性回復
       
習慣の改善
 
         
きれいな歯並び
         
歯列の安定

 

 
 

自然成長誘導法(バイオブロック)

当院では小児矯正に関してはイギリスのDr.John.Mewが考案した生体の成長発育を重視した不正咬合及び顔貌の改善をはかる治療システムを基に治療計画を立案しています。さてここで少しこのシステムについてご紹介したいと思います。

上の症例の写真は10歳時の患者様の口元です。自然成長誘導法の治療が一段落して今永久歯への交換を待っているところです。どちらが治療前だかお分かりになりますか?またどちらがより魅力的なお顔立ちと言えるでしょうか?好みもありますが私は右側の治療後のお口元が素敵だと思います。さて患者様のお口の中も見てみましょう。このケースでは上の歯が下の歯に比べて前方に位置しているのを気にされて来院なさいました。治療は先のシステムを用いて行いました。顔貌のレントゲン写真をお取りし骨格的な状態をお調べした所、決して上の顎自体が出ているケースではなくむしろ上の顎の骨は後ろに後退していました。

そこでこの場合には前歯が前方に出ているのが主訴にも拘わらす、上下の顎の骨自体は後退していると診断して上下の歯を積極的に前に動かしました。矯正治療は矯正医の数だけ治療法があると言われるくらい多種多様な方法がありますので、このようなケースを見て、前歯が出ているので抜歯をした方が良いと診断される方もいらっしゃると思われます。しかし少なくとも、私はこの治療前後の写真を見て、治療後の方のお口元が断然魅力的になったな!と、感じます。

 

もちろんこの方法にも限界があります。ほとんどのケースでは取り外しの装置のみで治療を行うので装置をお使いいただく事にご協力いただけなければ、治癒はのぞめません。また永久歯列が完成してしまえば顎の成長がもう残っていないので、成長を利用したこのシステムは使えませんので、症例によってやはり抜歯をする診断がベストというケースも多くあると思われます。

そこで治療開始のタイミングは成長が充分に残っている時期でなくてはなりません。私はこの方法は患者様にとって治療が成功すればとても将来の大きな財産になると信じております。そしてなるべく早くあなたにお会いしてあなたの人生がより豊なものにする為のお手伝いを治療を通じてする事を楽しみにしています。

バイオブロック症例1

上段の写真が術前で、下段の写真が術後のお顔と口腔内の変化です。

垂直的な成長を抑えることによりお口を閉じられるようになってきました。今後も装置を併用しながらお口を閉じる訓練をしていく必要がありますが、抜歯はしていないのにも拘わらずとてもきれいな口元になっていています。
この様に早期に(概ね6~9歳位が治療開始の適齢期です)治療を開始することによりなるべく抜かずにその患者さんが本来持っている成長の可能性をなるべく引き出すようにしていくのが、自然成長誘導法の考え方です。但し、お口を閉じたり、習癖を取り除いたり、口腔周囲筋の筋肉のバランスを取ることは患者様に取ってとても努力のいる事です。しかし、不正咬合の重大な原因の1つにはこの様な事が挙げられます。このような問題を解決して初めて良好な歯列とお口元が育成され、また歯列だけを矯正してもこの様な軟組織の問題が解決されない限り後戻りが必ず起きる事をご理解ください。


お子様の歯並びが気になっていらっしゃる方には、歯並びを矯正する前にお子様がお口を開けている癖がないか?舌の位置は正しいか?唇を舐めたり咬んだりする癖はないか?等口腔周囲筋の筋肉のバランスや癖をチェックされる事をお勧めします。たとえ矯正治療をしなくてもこういった軟組織の問題が解決されれば、成長方向はかならず良い方向にむかいます。

バイオブロック症例2

矯正料金

矯正歯科料金表

 

全顎矯正(上下顎)成人
表面に白い陶材ブラケット使用・・・600,000円
片顎矯正(上下いずれかの片側で済む場合)・・・300,000円
部分矯正(一部分だけを動かす場合)・・・50,000~250,000円
クリアアライナー矯正・・・1装置 27,000円
 
混合歯列矯正(咬合育形成バイオブロック治療)
永久歯、乳歯混合・・・350,000円
子供さんの部分矯正(一部分だけを動かす場合)・・・50,000~250,000円
月管理費・・・5,000円
※税込み価格です。

臨時休診のお知らせ